2008年08月01日

枯死

家で栽培中の麗蛇丸(3種類寄せ植えの中の一種)が枯死していた。
確かに先週、水をやっただろうと思うのだが、ほんの少しの、
それも、知らない間に枯れて、ミイラ化していたのだ。
今回、腐ってドロドロに溶けた様ではなくて、乾燥して縮んで枯れて
しまっていた。そのほかの2個の固体は元気そうなのだが、種類の違う
物どうしの寄せ植えは、とても難しい。

枯れたブツ

サボテン寄せ植え{&手毬の綴化、&エルサムの子サボ}
 植えた最初は、すくすく育ってる様に見えたのだが、枯れた
 跡地に新しいサボテンを植え足していったために、その都度、
 腐りが移っていったようで、結果的には、手毬の綴化
 エルサムの子サボ、そして全体的に腐敗菌が蔓延して、
 全体が枯れてしまいました。
 植え替えたりしていた時期もまだ肌寒い頃だった為、根にも
 悪い状況下だったのも原因かと思われる。

ヒントニー 仔付沢山
 この種類は栽培が難しい一種に入る。自生地もごく限られて
 いて、それゆえ環境に合わせられないと、うまく育てられ
 ないそうだ。
 最初の腐りが見つかった時は、ホンノ一部だったので、
 つどつど切り込み&捨てつつも栽培していたのだが、腐りが
 広がって行き、残念ながら最後は全体が溶けたように腐った。

ボカサナv,ロゼイフローラの一部
 植え替えようか迷ってる内に、根が悪くなったのか、掘り
 出した時には、根がかなり枯れ、腐れも出来ていた。でも
 だめ元で植え替え、分鉢したのだが、子サボは未だ根が
 出ていない。親株も2個のうち1個はドロドロに溶けて
 死んだ。残された親株は元気がまだ感じられないが、一応
 枯れてはいない様だ。

カブトマルa、  カブトマルb
 どうも、嫁さんが近所の人(サボテン愛好家)に、僕が
 サボテンを好きな事を知らせたらしく、それも「こじらせた
 物を再生するのが好き」なんて伝えてるものだから、その
 愛好家の方から、株分けの時に、良い物も頂くのだが、
 それとは別に、悪いモノも頂く様になりました。まぁ、
 それらを復活できなかったっう事だけなんですが・・・悔しい
 ねっ。
 普通でも栽培が難しいカブトマルなのに、コジレテルモノを
 再生するなんて、僕には到底無理な話っす。

<<サボテンが難しい理由>>
・育ちが遅い
 トニカクある種属を除いて、大きくなるのが遅いです。

・環境
 自生地って、砂漠なんだとか思われがちですが、高原とか山岳
 とか言った様に、高度の高い地域が殆どです。その岩の割れ目
 とか、高原の片隅に自生してるのが、僕の好きなサボテンな
 訳で。
 そこら辺りは、日中は暑くて乾燥してても、日が陰ると涼しく、
 夜露も多く、多湿で水分を摂りやすい環境に変化する土地柄
 らしく、そこでも生活環境に適するように進化した一部にしか、
 自生できないらしいです。
 まぁ、この環境に合うように進化した過程に、サボテンが有る
 のだとも言えるのですが。

 ex,カブトマルや精巧丸などは、頭の先の一部しか土から出て
 いなくて本体の全てと言っても過言ではない部分は、土中で
 自生しています。
 ex,花籠は根で岩にへばり付き、空気の流れで出来る水蒸気
 から主な水分を補給しているそうです。

・寿命
 植物ですが、100年とか30年とか普通に生きていける
 モノも有ったり、それこそ3年〜5年だったりするものも
 有ります。だから、寿命の長いものは40年もしないと花が
 咲かないモノも有るらしいです。
 でも、枯れる時は「あっ!」と言う間に枯れるんですょねっ。
 タンポポの様に、根だけでも残っていたら、ソコからまた葉や
 茎が出てきて、ソコソコの期間でまた花を咲かせるなんて
 能力は、全くもって望め無い種族からも、一寸した失敗が、
 即枯れることにつながる事が判ります。

・特徴
 水分を保持出来るように、肉厚の体になってます。ですので、
 水気は要らない様に思われがちなのですが、長期間にわたる
 水切れは、根を痛める原因となります。かと言って、土壌の
 過湿は根が腐り、枯れる。という相対した性質をも持ち合わ
 せています。あと、根を育てるためには、土中温度が高く
 無ければいけないのに、過度の太陽光線はサボテン本体を
 悪戯に日焼けさるだけでなく、最悪そこから腐る事につながる
 という厄介者なんですょねっ。という事は・・熱い日中は、
 乾燥気味で高温では有るが、若干の日陰も出来る場所で、
 かつ夜は日中とは逆に、寒く結露などで過湿気味な気候へと
 変化する環境が、最適な生育域と言えるのです。それらと
 伴って、さぼてんの生育は、冬型、夏型と言ったように
 分化され、またその中でも色々な性質が有る為、一筋縄では
 いかない特徴ともなってます。

〜生態を調べるのが、栽培の上達への近道の様だ〜
posted by ろばやん at 17:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サボテンを育てるのが難しいということが、
ひしひしと伝わってきます。
それでもたくさんのサボテンを育てているろばやんには、
頭の下がる思いです。
これからも大切に育ててくださいね。
Posted by enagaパパ at 2008年08月01日 18:54
enagaパパさん>何時もコメントありがとうございます。
音楽系blogなのに、植物のことばかりに最近は
なっていますが、許してくださいネッ。
Posted by ろばやん at 2008年08月01日 19:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。