2009年10月05日

趣味

ろばやんの場合、一つのことに興味が始まると、結構ハマル。
でも、そこそこ突き詰めると、壁に負ける。この繰り返しです。
今は、、、、写真。
0191005.JPG
一眼レフって、、レンズを交換して、その色々な癖を多様に
楽しめる大変面白い機械だ。フイルム時代の時は、現像し
ない事には、結果がわからなかったり、ついつい撮影デー
ターをまとめられてなかったりして、スキルが上げにくかった。
でも時代はデジタル。フイルム一本24枚取りだの36枚取り
なども、全然気にしなくても良い。

さて、これを写したのは、ボディはα700。とそして、シグマ
28-70mm f2.8というレンズだ。28-70mmという位だから、ズームレンズ
なのだが、ズーミングしても開放F値はf2.8で変化はしない。
大抵だとf3.5-4.5へと変化へと変化するのだが、これは大口径ズームレンズ
だから変化しない物なのだ。

勿論値段も、、、

中古で500円!
でも、昔々のレンズだから、開放絞りだと画像が甘い。
デジタルになって、解像度が低いと評価が悪かったり、フレアが
出過ぎると評価が下がったりするので、激安だったのだと思う。

デジカメになって、フイルムでは反応し無かった光にも反応する
様になり、特にフレアやゴーストが、ファインダーでは確認
出来ないのに、後で液晶画面で確認すると、写っている事が多く
なった。勿論保護フイルターなど付ければ、その影響は顕著と
成るので、出来るだけ付かない方か、もしくはデジタル専用
フイルターを付けなければならない様だ。

勿論デジタル用にと、設計された最新レンズは、出来るだけゴース
トやフレア、色にじみが出ないように設計されている。それはそれ
で、すばらしいと思うのだが、昔人間のろばやん、、、甘いのも
お好きなのさっ。


〜ところで〜
こうやって、blogで記事にしてみると、自分の経験もより良く
確かめることが出来る事がわかった。どう言う事かと言うと、
なんとなく判っていても、イザ実行に移すときに不確かだったり、
反映されないまま、ついつい慣れだけでやっていた事が、自分で
も良く理解&吸収、そして反映出来るようになったと思う事なの
だ。色々実習して、早く初心者を脱却したいものであるWWW.
posted by ろばやん at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 流行物関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真はねぇ。。難しいよねぇ。。
日々向上心、ろば先生素晴らしい。
拍手喝采!(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!
Posted by しか at 2009年10月06日 17:35
しかさん>ギターも写真も飼育も、、
皆皆、、、難しいっすわぁ〜♪
Posted by ろばやん at 2009年10月06日 22:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129581225

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。