2012年08月10日

ミニベロVSロードレーサー

a0470827.JPGn03120730.jpg

ロードレーサーに変えてから、自転車に乗るのが待ち遠しい”ろばやん”ですが、、、。

実際に見て、どの様な変化が数値的に有ったのでしょうかぁ?

それとも、それはスパシーボ効果だけだったのでしょうかぁ?


詳細、、、、

<<クランク>>
※クランク長172.5cmのアルミ → クランク長165cmのカーボン
・てこの原理から考えると、長いほうが良いと思いますが、推薦されるクランク長は、
 身長1/10だそうです。クランク長が長すぎると、足がバタつくらしく、ペダリングが乱れ
 やすいらしいです。素材がアルミからカーボンに変更されてますが、カーボンクランク
 は、アルミなどに比べると柔らかく、足に優しいらしいです。勿論、ガッツリペダリング
 をする人は、アルミの方がレスポンスが良いと感じる場合が多いらしいですが。

<<チェーンリング>>
※53Tー39Tダブル → 48Tー36Tダブル
・コンパクトドライブ化されてます。歯数が減るとトップスピードは落ちるらしいですが、
 それは、そもそも脚力のある人の言う事。後、コンパクトドライブは山岳用とも言われる
 らしいですが、サンデーサイクラーにはピッタリな選択なのかもしれません。

<<カセットスプロケット>>
※12〜28T 8Sカセット(シマノXTR) → 12〜25T 10Sカセット(カンパレコード)
・ギアー比はチェーンリングとのコンビネーションなのですが、10sで12〜25Tの場合
 つながりが凄くスムーズです。ちょっと漕ぐのが辛くなった時に一段下げると、
 知らず知らずの間にスピードが、上がって来る場面が、しばし、、。

<<タイヤ>>
※20X1.25(PANARACERミニッツライト) → 700×23C(Michelin Pro3 Race)
・20インチ=小回りが効く。剛性が出しやすい。ふらつく。
 700C=ジャイロ効果が、、、、、、。

<<フレーム>>
※アルミ → カーボン
・しなり具合が体に優しい、、、。

<<ハンドル>>
※ストレート → ドロップ
・ドロップハンドルの場合、色んなハンドルポジションを得られ、疲れにくかったり。
 空力特性を考慮したポジションを、、、、。

なるほどぉ〜、結構改善されてるじゃん。


posted by ろばやん at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車@ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。