2007年08月25日

ハイドレーションパック

新しい仲間!

0170825.JPG
<左から>
・ドイター、ノースフェイス、ミレー
 キャメルバック、プラティパス。
・左2個は息子用っす。
さてどれだぁ?


0270825.JPG
・ミレーの10Lと比べてみました。
※大きくなったとは言え、荷室(10.5L)
 リザーバ室(3.0L)と言う感じなので、
 実質的には殆ど同じ様に見えます。
2007年モデルの刺繍です。
2006年モデル
2007年モデル
・素材は1680D Ballistic Nylonを使用。



<使用感は後に>
先ずは外観からインプレでもしてみましょうかぁ?

不満な点は使ってからにして、先ずは見た目、見た目www.
0470825.JPG
・四方に厚めのパッドが施されている
 部屋です。
・デジカメやMP3プレーや等を入れる
 らしいですが、すぐ横が水筒室なので
 結露が心配ですねぇ〜。
・ちなみに、FZ7は余裕で入りました。


0570825.JPG
・メインコンパートメントですwww.
 後に薄い目のパッドが入っています。
 仕切りも、ポケットも無いです。


0770825.JPG
・メット入れです。
 予定では、此処にデジカメや地図帳
 等を入れる予定です。


0670825.JPG
・一番外側にある、小物入れです。
 前後に薄い目のパッドが入っています。
・此処にもFZ7が余裕で入りました。
・ポケットが有るので便利そうです。


0870825.JPG
・今回は、背中に当たる部分に、
 ハイドレーション用のジッパが有ります。 
 荷物室と分かれてるので給水する時に便利
 ですねっ。
緊急排水口が設けられてます。


1070825.JPG
・こんな感じに、下にタオルや雨具等を
 巻いて止められる機能も装備!
・バックパックに有りがちな、長い紐は
 ベロクロで止められる様に成ってます。


1170825.JPG
・水を3L(多分入れないと思うが)と
 以前に入れていた物を装備しました。
・メイヘムは空で1100gと重いです。
 コチラでも1200gなんですからねっ。
トテムにはどうやって入れてたんだろう?



とりあえずの問題は、本体重量が730gから1100gと

 ひらめき370Gの増量!

熱を遮断する為に入れていたタオル(197g)を抜いても、、、、

 173g!携帯電話一個ぶんかぁ!
posted by ろばやん at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 流行物関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。